某雑誌の不思議…

 昔からおなじみのA5版の雑誌ラジオライフの2010・8月号を読んでて、気になる記事がありました。
読んだときには既に帰還済みですが、日本の衛星「はやぶさ」の特集(カラーページ)です。

 2ページにわたってはやぶさの奇跡の軌跡をとりあげ、めくった次のページに無線雑誌らしく、大気圏突入後に分離するはやぶさの、カプセルのビーコンを受信すると言う企画(結果のリポートは次号らしいです)になっています。

 使用する機材の説明があり、受信機は242MHz(ビーコンが出る周波数帯)の感度がよろしいと言うことで、ALINCOのハンディレシーバー「DJ-X8」を使う云々と、5エレの八木云々と説明があり、その下にはその八木アンテナの寸法の絵などが描かれています。

 寸法の隣、□枠に囲われて「受信機はDJ-X11!!」とあるものの、同枠の写真は「DJ-X8」

もともとはDJ-X11を使おうとしてたのでしょうか…。二波同時受信ができるX11を使おうとしたのに、実際は242MHzの受信はX8の方が良かったので差し替えた…そんなところでしょうか(^^;)
下は箱の写真。

続・WiRES-Ⅱについて

ラウンドQSOルームを開設しました。
#0332D(#5105D)SEISHO QSO ROOM(仮)
営業時間外(19:00~24:00~10:00)に接続しています。
今のところノード接続はありませんが、ご利用ください(;^_^A

営業時間中はできる限り#0510 ALL JA CQルーム1に接続することにしました。
無線機やWiRES-PCから離れる等、管理が難しい時は、#0332Dに接続します。

SEISHOツイート。

“ついったー”はじめました。(^▽^)/

使い方は…商品情報をメインに、講習会情報なうをツイートしていく感じになるかと。

桜田商事のホームページとうまくページとリンクできるといいんですが…(;^_^A

ということで、試験的にこのページの右側→に表示させることに成功しました。

WIRES‐Ⅱについて

開通以来、ほぼ毎日0510 JA CQルーム1に接続していました…。

管理側より、無変調、カーチャンク、ループ、MISCHIEFなどが原因で切断されることが多かった為、ここ2週間ほど様子を見ながら接続していたのですが…。

特にMISCHIEFでの切断が目立ったため、全国の他の利用者への迷惑も考慮した結果、問題が解決するまで0510ルームへの接続を見合わせることになりましたm(_ _)m

WiRES自体は24時間起動しています。


・ノード運用の利用方法(DTMFで使うことが前提です。)

接続 「#○○○○D」(○○○○はノード局の番号)
または「#0○○○○」(4桁の前にゼロをうつ)

現在の接続状況の確認 #6666D または #66666
あまり使わない方が良いそうです。

ランダムで接続 「#7777D」または「#77777」

再接続 #8888D または #88888
(切断直前のノードに再接続。あまり使わない方が良いそうです。)

切断 「*#○○○○D」(○○○○はノード局の番号)
または「#9999D」、または「#99999」、一部「*」のみでも対応。

APRSを携帯で見れたら・・・

APRSを携帯で見たいなぁ…。
というより、APRSを人に説明するのに、携帯で見せれたらちょっと面白いんじゃないかな…。
って思ってたら、あるんですね。
考える人はとっくに考え付いているみたいです(; ̄ー ̄A

APRS Tier2 Network, T2FUKUOKA, KetaiTracker
http://fukuoka.aprs2.net/

ロゴマークや名前から察するに東海大福岡校舎の教授や通信工学の人たちが立ち上げたのかな…。

携帯をお持ちの方は携帯カメラのバーコードリーダーからどうぞ。

パッケージが…

展示品を整理しているときにふと、気づきました。
些細なことなんですが…

↑こっちはFTM-350。


↑こっちはFTM-350H

そうです( ̄ー ̄)
FTM350とFTM350Hで、実はパッケージが違うんです!
他にも違うのないかな…と探したんですが、今のところ、このシリーズだけでした。

パッケージの表と裏で印刷が上下逆だったり…(; ̄ー ̄A
そんなメーカーさんがいる中、箱のレイアウトがおざなりになりがちなことが多いので、力を入れたのでしょうか…。

気づきませんでした!

こういう遊び心、イィと思います!

WIRES周波数変更!

「ぶつかってる周波数があるよ~`(~д~*)、」ということだったので…。

WiRES運用の周波数を52.220MHzに変更しました!

下記設定にて運用お願いします!

ID/#5105D 周波数/52.220MHz  TSQ/77.0Hz

WiRES開通!

なかなか苦労しましたが…。

ガイドブックを見て、ある程度はわかるものの、つながることのなかったWiRES-Ⅱが、とうとうつながりました

つなぎ方を自分なりに噛み砕いて載せていこうかな…。

神奈川の湘南~相模地方にお越しの方は利用してみてください。

ID/#5105D 周波数/52.240MHz TSQ/77.0Hz

だいたい#0510D QSOルームに接続中なので、基本的にはDTMFを使う必要はないです。

どこかにつなぐ場合は、PTT押して#○○○○D、切断するときは*#○○○○D。

当然、DTMF使える機種じゃないと駄目です。

最近のスタンダードのハンディ機(VX系,FT-60など)は問題ないです。

5/15のイベントについて

すでに終了してはいるのでレポートとなりますが…
5月15日に、FTDX5000シリーズ発売を記念して、WDXCよりスタッフを招いて、全HF機視聴即売会を行いました。
当日はすでに展示されているFTDX5000MPFT2000DFT950FT450FTDX9000Dが加わって賑やかになりました。
当日は特に7MHzのコンディションが良く、見えられた45人のお客様の中には7MHz帯の電信を聞いて『CWならFT5000だな~』という声も。

当日はご来店いただき、ありがとうございました。
WDXCのスタッフの皆様もお疲れ様でした!

今後ともSEISHOをよろしくお願いします!

(失念しておりまして、当日の写真はございません(; ̄□ ̄A  )

続・店内展示パワーアップ??

5月15日の店内イベントに向けて、レイアウトに力を入れてます!

本当はもうちょっと前から取り組んでいたのですが、カタログ立てがグラグラで危ないし、ちょっと邪魔なので、ちょっと工作しました。

あとで写真載せます。

ちょっと店内の見通しが悪いかも…。

でも、今までカタログ置き場に成り下がっていたガラスケースのキャビネット?の見通しが良くなったのでOKでしょう。

その片手間に、ハンディー機、モービル機、HF機、レシーバー、特小の展示コーナーを分けてみました。

やっぱりあとで写真載せます。

WiRESは…まだできません(x_x;)