DR-DPM60入荷!

先日お知らせしたデジタル簡易無線登録局(3R)モービル機、DR-DPM60が入荷いたしました。





※安定化電源とシガープラグコードは付属されていません.

6/15 デジタル簡易無線モービル新商品(の実機を見ました)

ALINCOさんのホームページ等ですでに情報が出ているので今さら感はあるのですが、デジタル簡易無線登録局(3R)のモービル機DR-DPM60のデモ機を見せてもらいました。



↑見た目、トップ側から見るとアマチュアモービル機のDRシリーズまんまですね…

↑通常の8ピンマイクの他、隣にある4極ねじ込みストレート端子でスピーカーマイク※を使うことができます。
(※これ大事です。アルインコさんのモービル、スピーカーマイク対応じゃないので。)
「モービルマイクはアップダウン対応で音出ない。スピーカーマイクは音は出るけどアップダウンできない。」ので、使い分けが必要ですね。
本体右のダイヤルは通常はボリュームで、CHボタンを押してチャンネルを変えるという操作なので、使うチャンネルが固定ならスピーカーマイクでもいいと思います。

↑背面はMコネアンテナ端子とφ3.5の外部スピーカー出力端子。


アマチュアのモービルと同サイズなので、モービルの簡易無線によくある一体型の固定局用電源には、不向きかもしれませんね。
でも、それぞれの使用局面で皆さんいろいろな工夫をなさるのでそこは問題ないでしょう。

それよりも何よりも驚きなのは価格ですよね。40000円台です。しかも前半です。
今までのデジタル簡易無線のモービル機は7万円台。状況によって6万円前後。そこから考えると驚異的な値段です。
価格が下がって普及が進むのは嬉しいことなのですが、距離が出るのに30CHしかないので、そろそろCH不足が深刻化しそうですね。

10/21 展示中のトランシーバーについて

テクノフェアでは基本的に個人免許を必要としない無線機(ライセンスフリーラジオ)を展示しています。
以下はその中でも特に特定小電力トランシーバー(一般的なトランシーバー)

14705701_1232553626806453_2096377483093155260_n %e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-001
特定小電力無線(10mW以下)のFTH-307Lと、レピーター(中継局)のFTR-400です。
遠かったり障害物等でお互いの電波が届かない場所で活躍するかと思います。

14666327_1232553630139786_598349345034184513_n %e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-002
特定小電力無線(10mW以下)のDJ-P221と、ハンディ型レピーターDJ-R100Dです。
中継局の固定が難しい場合や、屋外でお互い移動しながらの運用に向きます。

14713684_1232553656806450_7510949196917959861_n %e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-003
特定小電力無線(10mW)のUBZ-M51LとUBZ-M31です。
UBZ-M51LはPTT(送信ボタン)が二つ付いていて、メインチャンネルとサブチャンネルにそれぞれ送信ができます。
別のフロアやグループにそれぞれ指示を出したい時に活用出来るかと思います。
※中継機能はありません。

4/14 新商品SR40、SR45販売についてのお知らせ(特定小電力無線商品)

特定小電力無線SR40及び、SR45が発売されます。

先日、SR70/SR100がリリースされていますが、アンテナが折りたたみになっていること、電池3本運用でロング運用が可能であること、センタースピーカー500mWの大音量が特徴です。

sr45はブラック単色ですが、SR40は、SR70/100同様のカラーバリエーションとなっています。


A9R3C0F_ページ_2A9R3C0F_ページ_3

sr40正面sr40 見下ろしsr40背面 アンテナ折りたたみ

スキーには無線を!

前回、スキーのお話をしましたが…
2月の20,21日と苗場スキー場に行ってまいりました。
どんな旅行だったかは…ご想像にお任せします。

ですが、ただのんべんだらりと旅行したわけではございません!

お仕事の一環として、デジタル簡易無線の威力を試してきたわけでございます!

最新のデジタル簡易無線、VXD-10で実験!
と、思ったんですが、数がそろわないのでVX-D291を使用しました。
スクランブルなどの業務機能がついていますが、基本的には同じ形で同じ性能なので、レポートするぶんには問題ないでしょう!

休憩組の協力を得て、レストランアリエスカを基点に10ポイントで通話実験!
詳しくはこちら

出力が5Wもあるので、当然といえば、当然といわれるかもしれませんが…
基本的にはどこでも通じました。
通じにくい場所が何箇所かありました・・・やはり谷間、谷合は了解度が下がります。
それでもコースの中心を滑って使う分には問題ない感じです。
とはいえ、山頂とアリエスカで通話ができたので、十分じゃないでしょうか。。

こちらのゲレンデ、高速コースが多いので、無線や携帯電話を使用する際には周りをよく見て使用しましょう。