DR-DPM60入荷!

先日お知らせしたデジタル簡易無線登録局(3R)モービル機、DR-DPM60が入荷いたしました。





※安定化電源とシガープラグコードは付属されていません.

6/15 デジタル簡易無線モービル新商品(の実機を見ました)

ALINCOさんのホームページ等ですでに情報が出ているので今さら感はあるのですが、デジタル簡易無線登録局(3R)のモービル機DR-DPM60のデモ機を見せてもらいました。



↑見た目、トップ側から見るとアマチュアモービル機のDRシリーズまんまですね…

↑通常の8ピンマイクの他、隣にある4極ねじ込みストレート端子でスピーカーマイク※を使うことができます。
(※これ大事です。アルインコさんのモービル、スピーカーマイク対応じゃないので。)
「モービルマイクはアップダウン対応で音出ない。スピーカーマイクは音は出るけどアップダウンできない。」ので、使い分けが必要ですね。
本体右のダイヤルは通常はボリュームで、CHボタンを押してチャンネルを変えるという操作なので、使うチャンネルが固定ならスピーカーマイクでもいいと思います。

↑背面はMコネアンテナ端子とφ3.5の外部スピーカー出力端子。


アマチュアのモービルと同サイズなので、モービルの簡易無線によくある一体型の固定局用電源には、不向きかもしれませんね。
でも、それぞれの使用局面で皆さんいろいろな工夫をなさるのでそこは問題ないでしょう。

それよりも何よりも驚きなのは価格ですよね。40000円台です。しかも前半です。
今までのデジタル簡易無線のモービル機は7万円台。状況によって6万円前後。そこから考えると驚異的な値段です。
価格が下がって普及が進むのは嬉しいことなのですが、距離が出るのに30CHしかないので、そろそろCH不足が深刻化しそうですね。

新商品発売!DR-735シリーズ(ALINCO)

10月に発売予定だったアルインコのDR-735シリーズが入荷しました。
大型ディスプレイを搭載した144/430MHzの車載トランシーバーです。


大きな特徴は
・左右それぞれ独立した[周波数・ボリューム・スケルチ]操作が出来ること …これは便利。
・メイン・サブそれぞれ外部スピーカーを接続可能 …気にされる方が実は多いんです。
・送信中でもサブバンド受信ができるフルデュープレックス …635シリーズにもあった機能です。
・大型ディスプレイ(3色LEDにより調色可能) …白色とか緑色もいいんですが、レインボーとかあるんです。
・24Vの誤接続から保護してくれる過電圧対策 …これは大事な機能。非常に大事です。よくやってしまう方がいるんです。
・異常温度を検知するセンサー搭載 …これも大事。置く場所や置き方によっては熱でダメにしてしまうことがけっこうあるので。
・FM放送の受信には非対応 …CDを流しながら、無線機のサブでラジオ、メインで交信、なんて逆にあまりないので、故障のリスクを減らせるという意味でもいいのでは。
・リセット後でもモード設定を呼び出せる復元機能 …いい機能です。ただ販売店としては、お客さんにこの機能の説明をするのが大変な気が…。
0169605bca9cfc3f49e56c6ce285c7da1cc0fd52ea


例のレインボーディスプレイ

01020325de311c17b61e44756dae237b8caf862baf
今までのALINCOさんはフロント側にマイクのジャック(接続部)が付いていてコネクターは8ピンで、それが好評ではあったのですが、接続部はサイド、コネクターはモジュラー。
反応は分かれるかもしれません。(セパレートにすれば本体側にジャックがあるので、ハンズフリーマイクを使う人はそんなに困らないとは思うのですが…)


パッケージが…

展示品を整理しているときにふと、気づきました。
些細なことなんですが…

↑こっちはFTM-350。


↑こっちはFTM-350H

そうです( ̄ー ̄)
FTM350とFTM350Hで、実はパッケージが違うんです!
他にも違うのないかな…と探したんですが、今のところ、このシリーズだけでした。

パッケージの表と裏で印刷が上下逆だったり…(; ̄ー ̄A
そんなメーカーさんがいる中、箱のレイアウトがおざなりになりがちなことが多いので、力を入れたのでしょうか…。

気づきませんでした!

こういう遊び心、イィと思います!