1/7 WIRES-XとD-STARについて(1/9 再掲載)

先日、当店のネットワークの問題で、インターネットレピーター等がつながりにくいというお話をしましたが、中間のルーターが故障しておりました。
1/5の時点で原因はわかったので、交換用の機器は当日発注済みなのですが、3連休中は発送業務を行ってないのか、まだ届きません(汗)
当店のWIRES-X(430.780)とD-STAR(平塚430)の再開は、今しばらくお待ちくださいませ。

6/8 D-STAR講習会及びアマチュア無線講習会のお知らせ

D-STAR講習会
7月4日、七夕の真っ最中ですが、D-STARの技術講習会※を午前・午後で予定しています。
(※いわゆる運用の説明会で、免許や資格にむけた講習会ではありません。)

今回はD-STARということでiCOMの無線機限定※となりますが、こちらでトランシーバーは用意しないのでお持ちの方はご持参下さい。
(※当レピーターの対象はID-51シリーズ、ID-31、ID-5100シリーズ、IC-2820シリーズ、ID-880シリーズです。430M帯なのでID-1は対応していません。)
注:規格上、YAESU(STANDARD)、KENWOOD、ALINCOのトランシーバーではD-STARにアクセスできません。


アマチュア無線講習会の近況です。

アマチュア無線講習会
7/12-19の講習会に関しては、定員達成の見込みです。


次回の開催予定は以下となります。

アマチュア無線講習会アマチュア無線講習会
10/4-11の四級の講習会と、11/1の三級の講習会が決まっています。
決定ではありませんが、12月に平塚・逗子で四級の講習会を予定しております。

http://seisho.net/class/


5/30 D-STAR開設のお知らせ

5/21、デジタルアマチュア無線のレピーター『D-STAR』を「平塚430」で開局、無事開設も完了しました。
レピーターリストにも載っているかと思いますが、平塚430 JP1YLL 運用周波数 434.400MHz(DUP+5.000)
公開されている物ですし、公用性の高い物です。マナーを守りつつお楽しみ下さい。
P5300037


合わせて…というわけではないんですが、ID-51PLUSも入荷いたしました。
P5300039

5/25 WIRES-X復旧

SEISHO-HAMノードをご利用の皆様、大変ご迷惑をおかけいたしました。
先ほどWIRES-Xノード(SEISHO-HAM/15105)復旧いたしました。


index-img-03


ノード操作は出来て音声も出るのに、途中で切断がかかったり、一部の音声が聞き取れなかったり、とだんだん症状が悪化の一途だったのですが。
二重ルーターなので、色々設定を見直しても、外部からポートチェックしても問題ない。
でもWIRES-Xアプリからのテストはエラーが出る。

あれ? ということは?

ファイアウォールでWIRES-X関連のアプリケーションがなぜか「許可と除外」という二重基準になっていました。…普通ありえないんですが。
WIRES-Xアプリケーションを一度入れなおしたことがあったそうで。別アプリとして認識できてしまったのだと思います。
「えっ、それ!?」と、ガックリきました。

ルーターの設定は変えなければ変わりませんが、パソコンの設定はいつの間にか変わってしまうことがあることを実感しました。
これを教訓にせねば。日々勉強ですねf(^^;

5/18 YAESUのC4FM新機種発表!

C4FMデジタルアマチュア無線を楽しむのに現状、FT1D、(これから出るFT2D)、FTM-400Dシリーズ、FT991シリーズという選択肢があるのですが、新しいラインナップが加わります!

FTM-100Dシリーズ [定価(税抜)FTM-100D:¥59800- // FTM-100DH:¥64800- 近日発売]


ftm100d


主な特徴はこちら


・C4FM デジタル対応
・AMSで相手の通信モードに合わせて4つのモード((V/D、Voice FR、Data FR、アナログFM)を自動選択
・GPS位置情報を利用して相手局との位置関係をいつでも確認できるリアルタイムナビゲーション機能
 準天頂衛星みちびきに対応した高感度66ch GPSアンテナを フロントパネルに標準装備(microSDにログ保存可)
・メンバーが通信範囲内にいるかどうかを自動的にチェックして確認可能なデジタルグループモニター機能
・アマチュア無線のためのインターネット通信WIRES-Xに対応(ノード局運用にはオプションHRI-200を接続、専有となります)
・スナップショット画像とWIRES-Xニュースステーション画像の伝送機能(受信/転送)
・microSDカードを使用して対応機種メモリー情報の共有や設定情報のクローンが可能

FTM-400Dシリーズと大きく違うのは
1.デュアルワッチ(同時受信)ではない
2.USBポートがないのでカメラマイクが接続できない(表示も出来ないが、画像の受信・転送は可能)
3.タッチパネルではない
4.リアルタイムナビゲーションがバックトラックしない
5.パネルが本体にドッキングできる

というところでしょうか。

FTM-400Dのオミット版というよりは、FT-7900シリーズの発展機という位置づけでしょうか。
ボタン配置も似てますしね。

4/14 新商品FT2D販売についてのお知らせ(アマチュア無線商品)

YAESU待望の新機種、FT2D、もう間もなく発売です。

通信モードを気にしなくていいAMSや、MicroSD対応、APRS対応(GPS内蔵)など、FT1Dの利点はほぼそのままに大型タッチパネル搭載で、クリアな音質で大音量などさらに進化を遂げています。
画像はモノクロですが、MH-85等で撮影した写真も確認できます。
今月末には発売の予定なので、その前後には実機の展示もできるかと思います。

なので、今から予約も受け付けちゃいます!

メール※1でもいいですし、←左のお問合せフォーム※2からでもいいですし、お電話でもけっこうです。
※1・2 どちらの場合でも、どこの誰かがわかるよう、こちらから返信が出来るよう、お願いします。


FT2D


FT2D正面1FT2D正面3FT2D右側FT2D左側FT2D見下ろし

4/6 イベント開催予定!4/18YAESUスプリングフェアー

4/18、FT-991発売を記念し、YAESUスプリングフェアーが開催されます。

先日、FT-991が店頭に飾られました、という話をさせていただいていましたが、今回はFT-991を中心としたHF機やC4FMデジタル機の視聴会です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これを機会に体験いただき、色々なご相談をいただければと思っています。

詳細は以下


4/18YAESUスプリングフェアー
4/18YAESUスプリングフェアー


<<アマチュア無線講習会のお知らせ>>

4/12-19の講習会はおかげさまで3月半ば頃には定員を迎えました。

次回のアマチュア無線四級講習会の開催は7/12-19です。
三級講習会は以前お伝えしたように6/14です。
場所はいずれも平塚商工会議所となっています。

直近の講習会で四級を合格された方や、すでに20w以下で開局されている方も、興味をもたれた方は是非お申し込み下さい。

2/11 FT-991デモ機展示開始! 講習会日程について

タイトルどおりではありますが、待望のトランシーバーFT-991、ようやくデモ機を展示いたしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
FT897を踏襲した1.8MHz~430MHzオールモードにデジタル(C4FM)変調が加わり、大きめな周波数表示にバンドスコープも表示できるディスプレイ、オートチューナー内蔵でかつ高音質と、FTDXシリーズのいいところも取り込んだ万能機と言えます。
また、大きさはFT-897よりFT-450に近いです。


続いて、講習会情報のお知らせです。

アマチュア無線第四級標準コース
平成27年03月14日、03月15日(土日) 逗子文化プラザ市民交流センター 40名 A26-636 定員間近
平成27年03月17日、03月24日(火火) 平塚市漁業協同組合 36名 A26-637若干名募集
平成27年04月12日、04月19日(日日) 平塚市商工会議所 52名 A27-604
平成27年07月中旬 平塚市商工会議所 52名 開催予定

第三級短縮コース
平成27年06月14日(日) 平塚市商工会議所 52名 A27-452

2/28 告知!3/15にYAESU&KENWOOD 視聴会開催の詳細!

10日ほど前に告知した視聴会の詳細です。
今回は、通常の電話(音声通信)・電信(モールス通信)だけではなく、SCU17等を使用したPSKやRTTY等、PCと連動するデータ通信を見せていきます。
また、徐々に人気の出始めているC4FM(FMデジタル通信の変調方式)トランシーバーの活用法なども展開する予定です。


桜田商事様チラシ140219 TS-990試聴会案内
告知どおりYAESU(八重洲無線)さんとJVCKenwoodさんの2社に御協力いただきます。
技術方面の専門家に来ていただきますので、自分のトランシーバーの運用でうまくいかないことの相談もできますよ。

FT1Dに関して

先日発売されたYAESUの144/430デジタルトランシーバー「FT1D」ですが、
http://item.rakuten.co.jp/seisho-ham-center/ft1d/
標準でPC接続ケーブルが付属するのですが、これがUSB-RS232C(シリアル)接続と、PCによっては少々使いづらい物でありました。
USBB


そこで今後、RS232C-USB変換ケーブルがもれなく付属します。
USBA


USBAB
こんなイメージになりますね。
バックアップ自体はMicroSDカードで事足りはするんですが、将来的にバージョンアップなどをする際に必要になると思います。