7/29の3級アマチュア無線講習会について(7/23更新)

先日の講習会(7/15,7/22)の終了試験の結果は合格発表は7/24(火)を予定しております。
これ自体も異例ですが、7/24に申し込みをいただければ7/29の3級アマチュア無線講習会を受講可能です。

受講者には申込書が配布されているかと思います。時間の余裕はありませんが、次回が10月となってしまうので、3級まで一気にとってしまいたいという方は、ぜひお申し込みくださいませ。

12月の講習について(重要)

現在募集している3級の講習会ですが、お問い合わせくださいとなっていますが、まだまだ空きがあります。
(現在15名ほど)

A29-462 平成29年12月17 日
開催場所 平塚商工会議所 (神奈川県平塚市松風町2-10)

12/3は第四級の試験(A29-620)でしたが、今回の講習会に間に合うよう、早々に合格通知が届くと思います。三級まで一気に取りたいという受講生の方は、ぜひお申し込みください。

新商品発売のお知らせ 『FT-65』YAESU(八重洲無線)

先日FT-70Dが発売されたばかりですが、YAESUさんのハンディー新商品が発売されました。
FT-70DはC4FMデジタルに対応していましたが、FT-65はFM機です。144/430の他に76~108MHzのFMラジオ受信ができます。
(ワイドバンド受信ではありません。AFデュアルも搭載されていません。)



http://www.yaesu.com/jp/amateur_index/product/ft-65/



見た目はFT-70DがVX-6寄りだとしたら、FT-60寄り?

ここは要注意。アンテナが逆SMAになっています。
市販のSMAアンテナを使う場合は、SMAJ-SMAJが必要になります。

ここも要注意。両サイドに注目しましょう。
そうです。電源の外部端子がついていません。
一応、バッテリーの価格が他よりも二回り安いので、予備バッテリーを持つしかないのかな…。

左からVX-6、FT-70D、GDR4200、FT-65、FT-60
やっぱりモトローラ寄りのデザインになった?


http://seisho.shop/?product=ft-65

新商品発売のお知らせ 『FT-70D』YAESU(八重洲無線)

『FT-70D』YAESU(八重洲無線)が発売されました。C4FM対応ハンディー機としてはFT2D以来でしょうか。
先日のスプリングセールでも展示していましたが、本日より当店でも販売を開始しています。7



http://www.yaesu.com/jp/amateur_index/product/ft-70d/


当社の通販サイトでも販売開始しています!
http://seisho.shop/?product=ft70d


11/4 準備中…魅つけ市

明後日の平塚商業まつり(魅つけ市)に当店も参加いたします!

桜田商事はGブロックの5(…旧まぐろラーメン屋さんあたりでしょうか。)
http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/syogyomaturi/

それに伴い、店舗内の掃除の予定もあるため、11/6の店舗営業はお休みとなります。


今まで、桜田商事と書いても何の会社かわからないことが多かったので、テーブルなどに張るノボリ(バナーって言うんですか?)…試作してみました。
やっぱりトランシーバーの写真とか入れたほうがいいのかな…これはこれで課題です(汗

SEISHOノボリ
SEISHOノボリ

1/29 YAESUモービルマイクMH-42B6J→MH-42C6J買い替え時の注意

今回のお知らせは、YAESUのモービルマイクについての注意事項となります。


特にFT-8800シリーズ、FT-8900シリーズをご使用で、MH-42B6Jが故障してしまった場合、買い替えには二つのパターンが考えられます。

P1290014 P1290012 or P1290010 P1290013
 従来のオプション、最近では標準付属のMH-48A6J。
MH-42B6Jとは配線が違います。
 MH-42B6Jの後継マイクで見た目は同じです。
が、配線が変わっているので、設定が必要です。

MH-42C6Jを使う場合でも、MH48A6Jを使う場合でも、同じ設定が必要となります。

(PTTスイッチ以外のボタンの配線が違うからです。)


FT-7900シリーズの場合(標準ではMH-48設定になっているので、MH-42B6Jを使用していなければ、改めて設定は不要です。)

P1290001
真ん中の「BAND SET」ボタンを 長押ししてセットモードにする
P1290002
右のダイヤルを回し、「22 MIC」に合わせる
P1290004
この時点で「MH-42」になっていた場合は、右のダイヤルを回す
P1290005
「MH-48」に合わせてください
設定は以上です

FT-8800シリーズ、FT8900シリーズの場合(H27年から対応のFT8800YSK、FT8900YSKシリーズの場合は、MH-48になっています)

P1290006
真ん中の無印のボタンを 長押ししてセットモードにする
P1290007
表示されている側のダイヤルを回し、「24 MIC」に合わせる
P1290008
この時点で「MH-42」になっていた場合は、先ほどのダイヤルを回す
P1290009
「MH-48」に合わせてください
設定は以上です

5/30 D-STAR開設のお知らせ

5/21、デジタルアマチュア無線のレピーター『D-STAR』を「平塚430」で開局、無事開設も完了しました。
レピーターリストにも載っているかと思いますが、平塚430 JP1YLL 運用周波数 434.400MHz(DUP+5.000)
公開されている物ですし、公用性の高い物です。マナーを守りつつお楽しみ下さい。
P5300037


合わせて…というわけではないんですが、ID-51PLUSも入荷いたしました。
P5300039

5/19 QEX No.15入荷しました!

お待たせしました。
QEX No.15、本日入荷しました。
主に新スプリアス規定の解説、ライセンスフリーラジオが特集ですね。


新スプリアス規定に関しては、http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/に改正に関する資料が得られると思いますが、
「実際問題、今後の使用にあたってどうなるの?」という部分に触れています。(知っておくべき、”現在は事実上答えがない”という部分にも触れています。)
経過措置終了まで今後の7年で、いずれかの答えは出るかと思いますが、現状は理解できると思いますので、今号は特にオススメします。

ライセンスフリーラジオに関してはCQ誌でもラジオライフでも毎号コーナーがあり、ユーザーも増加傾向にあって人気があります。
今号はCBについて触れているので目を通しておくといいかもしれません。


P5190032


5/18 YAESUのC4FM新機種発表!

C4FMデジタルアマチュア無線を楽しむのに現状、FT1D、(これから出るFT2D)、FTM-400Dシリーズ、FT991シリーズという選択肢があるのですが、新しいラインナップが加わります!

FTM-100Dシリーズ [定価(税抜)FTM-100D:¥59800- // FTM-100DH:¥64800- 近日発売]


ftm100d


主な特徴はこちら


・C4FM デジタル対応
・AMSで相手の通信モードに合わせて4つのモード((V/D、Voice FR、Data FR、アナログFM)を自動選択
・GPS位置情報を利用して相手局との位置関係をいつでも確認できるリアルタイムナビゲーション機能
 準天頂衛星みちびきに対応した高感度66ch GPSアンテナを フロントパネルに標準装備(microSDにログ保存可)
・メンバーが通信範囲内にいるかどうかを自動的にチェックして確認可能なデジタルグループモニター機能
・アマチュア無線のためのインターネット通信WIRES-Xに対応(ノード局運用にはオプションHRI-200を接続、専有となります)
・スナップショット画像とWIRES-Xニュースステーション画像の伝送機能(受信/転送)
・microSDカードを使用して対応機種メモリー情報の共有や設定情報のクローンが可能

FTM-400Dシリーズと大きく違うのは
1.デュアルワッチ(同時受信)ではない
2.USBポートがないのでカメラマイクが接続できない(表示も出来ないが、画像の受信・転送は可能)
3.タッチパネルではない
4.リアルタイムナビゲーションがバックトラックしない
5.パネルが本体にドッキングできる

というところでしょうか。

FTM-400Dのオミット版というよりは、FT-7900シリーズの発展機という位置づけでしょうか。
ボタン配置も似てますしね。

通販ショップ、新たに開店しました。

先日(12月16日)、アマチュア無線の通販ショップを開店いたしました。

yahootop
SEISHO HAM CENTER(YAHOOショッピング) http://store.shopping.yahoo.co.jp/seisho-ham-center/


現状ではトランシーバーしか登録しておらず、ラインナップは随時追加していく予定ですが、こちらのサイトでは1万円以上お買い上げの場合、送料は無料です。

既存の楽天ショップも引き続きよろしくお願いします。