DR-DPM60入荷!

先日お知らせしたデジタル簡易無線登録局(3R)モービル機、DR-DPM60が入荷いたしました。





※安定化電源とシガープラグコードは付属されていません.

6/15 デジタル簡易無線モービル新商品(の実機を見ました)

ALINCOさんのホームページ等ですでに情報が出ているので今さら感はあるのですが、デジタル簡易無線登録局(3R)のモービル機DR-DPM60のデモ機を見せてもらいました。



↑見た目、トップ側から見るとアマチュアモービル機のDRシリーズまんまですね…

↑通常の8ピンマイクの他、隣にある4極ねじ込みストレート端子でスピーカーマイク※を使うことができます。
(※これ大事です。アルインコさんのモービル、スピーカーマイク対応じゃないので。)
「モービルマイクはアップダウン対応で音出ない。スピーカーマイクは音は出るけどアップダウンできない。」ので、使い分けが必要ですね。
本体右のダイヤルは通常はボリュームで、CHボタンを押してチャンネルを変えるという操作なので、使うチャンネルが固定ならスピーカーマイクでもいいと思います。

↑背面はMコネアンテナ端子とφ3.5の外部スピーカー出力端子。


アマチュアのモービルと同サイズなので、モービルの簡易無線によくある一体型の固定局用電源には、不向きかもしれませんね。
でも、それぞれの使用局面で皆さんいろいろな工夫をなさるのでそこは問題ないでしょう。

それよりも何よりも驚きなのは価格ですよね。40000円台です。しかも前半です。
今までのデジタル簡易無線のモービル機は7万円台。状況によって6万円前後。そこから考えると驚異的な値段です。
価格が下がって普及が進むのは嬉しいことなのですが、距離が出るのに30CHしかないので、そろそろCH不足が深刻化しそうですね。

10/21 展示中のトランシーバーについて

テクノフェアでは基本的に個人免許を必要としない無線機(ライセンスフリーラジオ)を展示しています。
以下はその中でも特に特定小電力トランシーバー(一般的なトランシーバー)

14705701_1232553626806453_2096377483093155260_n %e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-001
特定小電力無線(10mW以下)のFTH-307Lと、レピーター(中継局)のFTR-400です。
遠かったり障害物等でお互いの電波が届かない場所で活躍するかと思います。

14666327_1232553630139786_598349345034184513_n %e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-002
特定小電力無線(10mW以下)のDJ-P221と、ハンディ型レピーターDJ-R100Dです。
中継局の固定が難しい場合や、屋外でお互い移動しながらの運用に向きます。

14713684_1232553656806450_7510949196917959861_n %e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2-003
特定小電力無線(10mW)のUBZ-M51LとUBZ-M31です。
UBZ-M51LはPTT(送信ボタン)が二つ付いていて、メインチャンネルとサブチャンネルにそれぞれ送信ができます。
別のフロアやグループにそれぞれ指示を出したい時に活用出来るかと思います。
※中継機能はありません。

10/21 テクノフェア2016

先日、Facebookではお知らせいたしましたが、20日から22日まで平塚テクノフェア2016に参加しています。
ブース番号は107番です。
img_4977


2週間ほど前から当店に現れたマネキン(通称バイト君)も会場に連れてきています。
14732211_1232553670139782_1059338393817322189_n
重装備に見えますが、主な4パターンのハンディー機運用のイメージをしてもらっています。

img_4972
①首下げ本体、左襟元マイク、左耳イヤフォン
img_4975
②右襟元本体(マイク付き)、右耳イヤフォン
img_4974
③右胸ポケット本体、右手ハンドマイク(スピーカー内蔵)
img_4973
④左手本体運用

腰につけたり、リュックに入れたり、ジャケットの内側に入れたり、ヘルメットに直付したり、程度の差はあると思いますが、大きくはこの4パターンとなります。